今度は岩隈が…原巨人“肝入りベテラン”が次々とリタイア

公開日: 更新日:

 今度は岩隈である。

 4日、巨人岩隈久志(37)が練習を早退。詳細は不明だが、原監督は「大事を取ってということ。僕はそう思っています」と説明した。どこかしら、コンディションに問題が生じたわけだ。

 同じく、オフの大補強で巨人に加わった中島宏之(36)は腰の張りと痛みを訴えて初日からいきなり完全別メニュー。キャンプ4日目となったこの日も、キャッチボールやティー打撃などで軽く体を動かすのにとどめ、投内連係は見学した。

 巨人での年俸は岩隈が5000万円、中島が1億5000万円。原監督は自ら岩隈と中島の獲得に乗り出しただけに、2人揃っての“リタイア”をかばうのに必死か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る