柳田びっくり ソフトBドラ1甲斐野の“天然”は救援で生きる

公開日: 更新日:

 日本球界を代表するスラッガーのバットをへし折った。ソフトバンクのドラ1ルーキー、甲斐野央(22=東洋大)が7日、シート打撃に登板。柳田と上林に計37球を投げ、安打性の当たりは3本だけだった。

 まだキャンプ序盤にもかかわらず、平均球速は140キロ後半。最速150キロを投げ、外角直球で柳田のバットを真っ二つにしたほどだ。

「いい緊張感の中で投げられた」

 と話した甲斐野は、ドラフト当時から、リリーフとして即戦力の呼び声が高かった。ある東洋大OBは「性格もリリーフ向きです」と、こう話す。

「強心臓とはまた違った、あまり重圧などを感じない天然なんですよ。練習でもボーッとしていることが多く、高橋前監督に『集中しないでどこ見てるんだ!』と、よく怒られていた。高橋前監督は当初、甲斐野を先発として育てる予定だったが、『集中力がない。短いイニングなら、何とかなるだろう』と諦め、3年時から本格的にリリーフ転向させた経緯がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  7. 7

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  8. 8

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る