ソフトBも今季から 次々廃止「主将」はプロ野球に必要か?

公開日: 更新日:

 高校の部活ならまだわかるが……。

 ソフトバンクは今季から主将制度を廃止。昨年まで胸にキャプテンを意味する「C」マークをつけていた内川(36)は、「工藤監督も、『一人一人が自覚を持ってキャプテンのつもりで』と話していた」と話した。すでに広島ロッテが主将制度をとっておらず、ヤクルトも今季から追随する形となった。一方、巨人の坂本や日本ハムの中田など、制度としての主将を置いている球団もある。

 プロ野球は個人事業主の集団。学校の部活動の延長のような主将は本当に必要なのか。

 西武OBの三井浩二氏(評論家)は、「ケース・バイ・ケースですね」と、こう続ける。

「短期決戦など大事な試合では、先頭に立ってナインを引っ張る選手が必要なケースもある。負けが込んだとき、ミーティングの音頭を取ることも主将の役割です。選手全員が個人事業主だからこそ、同じ方向に向かせることも重要ですから。実績の乏しい若手中心のチームでは主将は必要でしょうけど、ソフトバンクのように個々の能力が高く、年齢層も高いチームは無理に主将を置く必要はないと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  10. 10

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

もっと見る