練習も部屋も一緒 日ハム同期投手「輝星&柿木」の切磋琢磨

公開日: 更新日:

 日本ハムドラフト1位ルーキー・吉田輝星(金足農)を、同期のライバルはどう見ているのか。

「あいつはランニングとか得意で、1番で走っている。僕は遅いんで、そこは頑張らないといけないんですけど。吉田に負けたくないと思ってやったら、動き的にも向上できると思うし、そこは大事にしたいですね」

 こう話すのは、同5位の柿木蓮(大阪桐蔭)。昨夏の甲子園決勝では、吉田と投げ合い、優勝投手になった。ドラフトを経てチームメートに。同じ投手ということもあり、最も身近な存在といっていい。

 練習メニューは常に一緒で、宿舎も同部屋。7日も、これまでと同様に2人そろってキャンプ3度目のブルペン入り。隣同士で投げ合うことはなかったが、吉田は、ストレート中心に61球。柿木は、カーブやフォークなどを交えて57球を投じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

もっと見る