元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

公開日: 更新日:

 昨年の冬季・平昌五輪では女子スピードスケート選手の活躍が印象的だったが、長距離種目で初めてメダリストが誕生したのは25年前のリレハンメル大会5000メートル。銅メダルの山中宏美さん(旧姓山本・48歳)だ。さて、今どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「ゆったりとリラックスしてください。指先、目の奥も、体の中心から隅々まで力を抜いて……」

 JR亀有駅南口から徒歩20分弱の銭湯「富士の湯」。インストラクターは山中さんご本人。毎月第2日曜13時から行われる無料の「銭湯ヨガ」(葛飾区浴場組合連合会主催)の真っ最中だ。取材当日は女性7人、男性3人の10人が参加。もちろん、記者も裸足になって加わった。

 最初は基本の「安楽座のポーズ」。そして体の側面を伸ばしストレッチ、血行を促進する両足指のマッサージ、肩こりに効果がある「猫のポーズ」と続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る