元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

公開日: 更新日:

 昨年の冬季・平昌五輪では女子スピードスケート選手の活躍が印象的だったが、長距離種目で初めてメダリストが誕生したのは25年前のリレハンメル大会5000メートル。銅メダルの山中宏美さん(旧姓山本・48歳)だ。さて、今どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「ゆったりとリラックスしてください。指先、目の奥も、体の中心から隅々まで力を抜いて……」

 JR亀有駅南口から徒歩20分弱の銭湯「富士の湯」。インストラクターは山中さんご本人。毎月第2日曜13時から行われる無料の「銭湯ヨガ」(葛飾区浴場組合連合会主催)の真っ最中だ。取材当日は女性7人、男性3人の10人が参加。もちろん、記者も裸足になって加わった。

 最初は基本の「安楽座のポーズ」。そして体の側面を伸ばしストレッチ、血行を促進する両足指のマッサージ、肩こりに効果がある「猫のポーズ」と続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る