ソフト千賀に改めて聞く ポスティングで米行き直訴の真意

公開日: 更新日:

「国際試合(2017年WBC)で凄いものを見た。それだけの話です」

 メジャーを意識するようになったきっかけを、そうシンプルに言い切った。10年育成ドラフト4位で入団、いまや球界を代表する投手に成長した千賀滉大(26)。昨季は2度の負傷離脱がありながら、3年連続2ケタ勝利(12勝、13勝、13勝)を挙げている。

 そんな右腕が最初にポスティングによるメジャー移籍を直訴したのは、17年の契約更改。同制度を認めていない球団に突っぱねられ、願いはかなわなかった。それでも諦めず、昨年の契約更改で再び直訴。その熱意が球団を動かしたのか、キャンプイン直前の1月29日、後藤球団社長らとポスティングについての会談を開くことができた。

「選手としては、なかなか球団に自分の気持ちを言うタイミングがない。ただ、そういう選手もいるということを伝えたかったんです。僕がポスティングでメジャーに行けなくても、(今後)僕のような選手は出てくるということを、球団には知ってもらいたかった。(訴えには)後から出てくる選手のため、という意味もありました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る