松坂問題が教訓 中日根尾はサイン“配布”でファン対策本腰

公開日: 更新日:

 20日、キャンプ最後の休日となった中日。二軍で調整を続ける注目のルーキー、根尾昂(18)は球場に姿を見せず、右ふくらはぎ肉離れの完治に向けて静養に充てた。

 根尾人気は凄まじく、サイン欲しさに大勢のファンが球場に集結している。しかし、リハビリ組は基本的に球団から外出とサインは禁止されている。根尾は球場を後にする際もサインには応じず、ファンに会釈して送迎車の中から笑顔で手を振るのが精いっぱい。そのたびにファンは「今日も根尾くんのサインなかったね」と肩を落としていたが、第2クールのある日、ファンが色めき立った。

 根尾が車に乗り込んだ後だった。球団広報が根尾のサインが書かれた色紙数枚を待っていたファンへランダムに配布。その場は歓声に包まれた。

 広報が根尾のサインを配布したのは12日。松坂大輔(38)がファンとの接触で右肩に違和感を覚えたと発表した翌日で、沖縄県内で検査を受けた日だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

もっと見る