集客“2本柱”松坂&根尾が一軍絶望…中日球団が深~いため息

公開日: 更新日:

 15日、中日の与田監督が右肩炎症で離脱した松坂大輔(38)と、右ふくらはぎ痛で二軍調整中の根尾昂(大阪桐蔭)の今後について言及。現在、関東地方の病院で検査を受けている松坂に関し、「2月中の投球再開はないでしょう。開幕二軍? その可能性も含め、いろいろバリエーションを考えないといけない」とした。16日にも松坂から診断結果の報告が球団に入り、今後は沖縄を離れ、名古屋や東京で調整を進める可能性もある。

 キャンプ当初から肩の状態が万全でなかったところに、ファンに腕を引っ張られた。右肩手術の経験があるだけに、復帰まで慎重に調整を進める方針で、開幕一軍はおろか一軍復帰が大幅にズレ込むことも想定される。

 一方の根尾もしばらくは二軍で調整し、プロでプレーするための「土台づくり」に専念することになりそうだ。

 この日は二軍・読谷球場でフリー打撃を行い、快音を響かせたものの、課題の遊撃守備は基礎から学んでいる状態。与田監督も、「まずは二軍本隊で全体練習に入って、違和感なく動けるようになること。いつ、実戦に入るかというプランは全く考えていない」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  5. 5

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  9. 9

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  10. 10

    東京都のコロナ新規感染者2848人! 元東京都衛生局職員が語る「最多更新」以上の深刻度

もっと見る