相撲協会“裏金顧問”訴え棄却どころか損害賠償請求が倍以上

公開日: 更新日:

 自らの訴えを棄却されたどころか、損害賠償請求されている金額が倍以上に膨らんだのが「裏金顧問」こと相撲協会元顧問の小林慶彦氏(63)だ。

 小林氏は「不当に解雇された」と協会職員としての地位確認を求めていたものの、2月6日に1審に続いて東京高裁も請求を棄却。最高裁への上告手続きを取らなかったため、3月1日に相撲協会勝訴の高裁判決が確定した。

 なにしろ、小林氏の持つ採用辞令は、小林元顧問か、小林元顧問の指示を受けた者によって偽造されたものと裁判所に判断されたほど。悪質な手口まで明らかになったうえ、協会から訴えられている損害賠償請求の金額も当初の1億6500万円から3億8650万円に膨れ上がった。小林氏はパチンコメーカーとの契約を巡って仲介業者から1700万円の裏金、国技館改修工事の受注会社から8000万円を受け取ったりしていたため、協会から訴えられていたが、損害賠償請求の金額が倍以上に膨らんだのは、協会にとってのさらなる損害が明らかになったということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る