まわし姿で初指導 “不器用”稀勢の里に根気と先代師匠のDNA

公開日: 更新日:

 現役時代と変わらぬ姿をお披露目した。

 4日、元横綱稀勢の里(32)が、「荒磯親方」として初めて田子ノ浦部屋の弟弟子たちを指導した。

 マゲを切っておらず、白いまわしを締めた現役時代の姿そのままに、身ぶり手ぶりを交えてアドバイスを行った。

 稀勢の里は最高位の横綱まで上り詰めたものの、相撲は不器用そのもの。横綱としても通算36勝36敗97休と、散々な成績しか残せなかった。将来的には独立が確実視されているとはいえ、本当に弟子を育てられるのか。ある親方は「案外、うまくいくんじゃないか」と、こう続ける。

「強い横綱で部屋運営が盤石でも、弟子を育てられないケースもある。亡くなった北の湖さんも、三役はひとりも育てられなかった。相撲技術に長けた親方もそう。例えば先々代出羽海親方の元関脇鷲羽山さん。小兵で技術に関していえば頭ひとつ抜けていたが、三役を経験した弟子は普天王(現稲川親方)だけです。彼らは『オレが簡単にできたことが、なぜできない?』と、自分基準で考えてしまい、イライラして指導もぞんざいになりがちです。その点、稀勢の里は誇れるほどの技術、実績はなく、中卒の叩き上げですからね。根気よく指導できるのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る