白鵬・鶴竜は耳痛っ…相撲協会の暴力再発防止研修会の中身

公開日: 更新日:

 “実行犯”でないにせよ、思うところはあったはずだ。

 4日から国技館で行われている相撲協会の研修会。暴力問題の再発防止などがテーマで、5日は日本スポーツ法学会の棚村政行理事が講師となり、自身の体験談を交えながら「暴力は暴力しか生まない」などと話した。

 近年、親方衆による暴力指導は減ったものの、力士が力士を殴るケースは後を絶たない。

 1月31日にも、鳴戸部屋で暴力問題が発覚したばかり。兄弟子が弟弟子に柔道の締め技を何度もかけ、失神させたこともあるというのだから悪質極まりない。昨年12月は自身も暴行事件の被害者だった貴ノ岩が、付け人を殴って引退したばかりだ。

 相撲界は再発防止のため、根気よく研修会を続けていくことが必要だが、白鵬(33)、鶴竜(33)の両横綱にとっては耳が痛いハナシではないか。

 2017年に世間を騒がせた「日馬富士暴行事件」では、2人の目の前で元横綱日馬富士が貴ノ岩をボコボコにする場面を目の当たりにしながら、傍観。白鵬は当時、日馬富士に「ものを持っちゃいかん」と注意したくらいで、警察の事情聴取でも「今回の事件は、あえて『愛のムチ』と呼びたい」などと話していた。

 横綱とは土俵内だけではなく、日常生活でも他の力士の手本となる存在のはず。

 研修会後、力士会会長の鶴竜は「自分は関係ないと思わないで、自覚しなきゃいけない」と話した。

 その通りである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質