白鵬・鶴竜は耳痛っ…相撲協会の暴力再発防止研修会の中身

公開日: 更新日:

 “実行犯”でないにせよ、思うところはあったはずだ。

 4日から国技館で行われている相撲協会の研修会。暴力問題の再発防止などがテーマで、5日は日本スポーツ法学会の棚村政行理事が講師となり、自身の体験談を交えながら「暴力は暴力しか生まない」などと話した。

 近年、親方衆による暴力指導は減ったものの、力士が力士を殴るケースは後を絶たない。

 1月31日にも、鳴戸部屋で暴力問題が発覚したばかり。兄弟子が弟弟子に柔道の締め技を何度もかけ、失神させたこともあるというのだから悪質極まりない。昨年12月は自身も暴行事件の被害者だった貴ノ岩が、付け人を殴って引退したばかりだ。

 相撲界は再発防止のため、根気よく研修会を続けていくことが必要だが、白鵬(33)、鶴竜(33)の両横綱にとっては耳が痛いハナシではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  2. 2

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  3. 3

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  8. 7

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

もっと見る