白鵬・鶴竜は耳痛っ…相撲協会の暴力再発防止研修会の中身

公開日: 更新日:

 “実行犯”でないにせよ、思うところはあったはずだ。

 4日から国技館で行われている相撲協会の研修会。暴力問題の再発防止などがテーマで、5日は日本スポーツ法学会の棚村政行理事が講師となり、自身の体験談を交えながら「暴力は暴力しか生まない」などと話した。

 近年、親方衆による暴力指導は減ったものの、力士が力士を殴るケースは後を絶たない。

 1月31日にも、鳴戸部屋で暴力問題が発覚したばかり。兄弟子が弟弟子に柔道の締め技を何度もかけ、失神させたこともあるというのだから悪質極まりない。昨年12月は自身も暴行事件の被害者だった貴ノ岩が、付け人を殴って引退したばかりだ。

 相撲界は再発防止のため、根気よく研修会を続けていくことが必要だが、白鵬(33)、鶴竜(33)の両横綱にとっては耳が痛いハナシではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る