ビーチW杯予選QF ラモスJは強豪イランに延長で逆転勝利

公開日: 更新日:

 試合開始の笛が鳴り響いた直後だった。

 イランがキックオフのボールをGKにバックパス。処理をGKがもたついる間にFP奥山がボールをかっさらい、あとは無人のゴールにボールを流し込むだけだった。

 ところが「砂に引っかかって思わぬところに飛んでいった」(奥山)ボールを右足インサイドでシュートしたが、ゴール左に外れてしまった。

 絶好機を外すと試合の流れは、得てして相手のモノになっ てしまう。

 第1ピリオドの残り3分33秒。イランがFKで先制すると日本代表GK照喜名が、1分もしないうちにミスを犯した。

 ピッチ中央当たりからのイランのFKは、砂の上をバウンドしながらGK照喜名の正面に飛んで行った。デコボコの砂の場合、ゴール手前で不規則なバウンドとなることが多く、ボールを迎えると失点のリスクが高い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    19歳“金の卵”スチュワートはソフトBの熱意にほだされた

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    単身者は6割が「厳しい」と…年金生活で月5万円浮かすコツ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る