DeNAがDバックスと メジャーと「業務提携」日本球団の思惑

公開日: 更新日:

 スポーツライターの友成那智氏が言う。

「日本球界がこれから取り入れるとすれば、メジャーでは昔から活用されてきた守備のデータではないか。打者やカウントに応じた極端な守備シフトの変更はメジャーでは見慣れた光景ですが、日本ではなかなか浸透していません。DeNAが提携したDバックスは、昨季のDRS(守備防御点)が30球団で一番良かった。Dバックスはデータを重視するチームで、マイナー選手の育成とベテラン選手の再生に定評がある。DeNAも守備データと育成力に着目しているのではないか」

 DeNAは昨オフ、統計解析部門を設置。メジャー10球団以上のアナリストや幹部からの情報を収集し、戦略に役立てている。その中には、GMが統計学者を集め、17年に弱小球団をワールドシリーズ制覇へ導いたアストロズの情報も含まれるという。先月のオープン戦ではその分析データに基づく守備シフトを敷いて成功させた。

 一方、日本球界では今も、助っ人補強とは違い、データなど副次的なものに対してカネを渋りがちな球団も少なくない。DeNAの成否によって後追いするところが出てきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  4. 4

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  5. 5

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  6. 6

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  9. 9

    メッセンジャー黒田有さん 文化住宅で過ごした壮絶幼少期

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る