米1年目には過酷 菊池雄星を苦しめるマリナーズ日本開幕戦

公開日: 更新日:

 マリナーズ・菊池雄星(27)が7日(日本時間8日)、アリゾナ州グッドイヤーでのレッズ戦に登板。オープン戦初のナイターでのマウンドである。ここまで2試合(計5イニング)に登板して1勝1敗、防御率3.60。初登板のレッズ戦ではMVPボットのバットに空を切らせるなど計4三振。投球の幅を広げるため、新球チェンジアップの習得にも励み、順調な滑り出しである。

 サービス監督は今季ローテーションを明らかにしていないものの、地元メディアなどによれば、菊池はエース左腕ゴンザレス(昨季13勝9敗)に次ぐ先発2番手の位置付け。アスレチックスとの日本開幕2連戦(20~21日)での登板も有力視されているが、菊池にとってはこの日本遠征がアダとなりかねない。キャンプ地アリゾナ州と東京の16時間の時差が後々、ボディーブローのように効いてくるという。レッドソックス時代の2008年に日本開幕戦を経験した評論家の岡島秀樹氏は「渡米1年目でいきなり海外での公式戦に出場するのは、あまりにも過酷です」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る