最終調整5回零封も 雄星には学ぶべき“メジャー常識”が山積

公開日: 更新日:

 マリナーズ・菊池雄星(27)が13日(日本時間14日)、アリゾナ州ピオリアで変則ルールの紅白戦に登板。5回を想定したマウンドは打者18人に対し72球を投げ、4安打無失点2四球5奪三振。キャンプ地最後の実戦マウンドで上々の結果を残し、登板予定のアスレチックスとの日本開幕シリーズ第2戦(日本時間21日)に向けて弾みを付けた。

 オープン戦は3試合に登板し2勝1敗、防御率4・00。計9イニングで6三振を奪うなど、まずまずの投球を披露した。渡米1年目の日本人投手の多くが適応に苦労するメジャー公認球やマウンドへの不安はさほど感じさせなかった。順調なスタートを切った菊池にスコット・サービス監督は「大リーグについて学ばなければならない」と、メジャーのしきたりを身につけるべきだとアドバイスした。

 開幕後は、初めて経験する長距離移動を強いられる。米国西北端のシアトルを本拠地とするマリナーズの年間総移動距離は約8万キロに及ぶ。30球団最長の過酷な移動はマリナーズの敗因のひとつとすらいわれる。中でも、西海岸から東海岸への移動はきつく、3時間の時差に加えて、体内時計まで狂ってコンディションにも影響を及ぼしかねない。食事も含めた不慣れな米国の環境に適応する必要がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る