鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔アメリカ野球愛好会副代表

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

トランプ政権の“壁”乗り越えてメキシコに歩み寄る大リーグ

公開日: 更新日:

 大リーグ機構とメキシカン・リーグ(LMB)は、選手の契約に関する協定を新たに締結した。

 新協定では、25歳以上で6年以上のプロ経験を持つLMBの選手は、大リーグ球団と契約することが可能となる。また、LMB側は、所定の基準を満たす前に大リーグ球団と契約しようとする選手の保有権を放棄することができる。さらに、LMBの選手が大リーグ契約を結ぶ場合、大リーグ球団側は、選手を保有していたLMB球団に契約金額の15%を一時金として支払い、マイナー契約の場合は選手が署名した際の特別手当の35%を支払わなければならない。

 1925年に発足したLMBはメキシコを本拠地とする16球団からなる連盟だから、日本や韓国と同様に外国のリーグであることは間違いない。

 しかし、55年に大リーグ機構がAA級に組み込んで以来、LMBは外国のリーグでありながら機構の統制下に置かれ、しかも他のマイナーリーグ球団と異なり、上位となる大リーグ球団を持たないという特殊な構造を有している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る