米中間選挙後 トランプの言動に球団経営者ビクビクの理由

公開日:

 11月6日に行われた米国の中間選挙では、トランプ政権の与党共和党が連邦上院の過半数を維持したものの、連邦下院では野党民主党が過半数を獲得した。「ねじれ議会」となったことで、米国では「トランプ政権は打撃を受けた」といった論調が勢いを増している。

 だが、実際は世論とは異なる様相を呈している。

 例えば、民主党は「反トランプ」では一致しているものの、「トランプ後」を担えると誰もが認める大統領候補がいないのが実情だ。

 また、ヒラリー・クリントン、ナンシー・ペロシ、ジョー・バイデンら党内主流派に対し、民主党系のバーニー・サンダースや、サンダースの影響下にある「民主社会主義」を標榜する勢力が唱える最低賃金の引き上げ、公共投資の大幅増、反イスラエルといった政策は、一部の有権者の強い支持を得るとともに伝統的な民主党支持者の離反を招き、党の一体化を妨げている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る