星稜が習志野に猛抗議 高校野球に蔓延「サイン盗み」の闇

公開日: 更新日:

「フェアじゃない、証拠はある。映像をここで見せてもいいんですよ!」

 28日、今秋ドラフト1位候補の奥川恭伸を擁して優勝候補に挙げられていた星稜(石川)が習志野(千葉)に1―3で敗退。まさかの波乱に甲子園が騒然とする中、ベンチ裏通路で前代未聞の騒動が勃発した。

 敗軍の将として報道陣の質問に答えていた星稜の林和成監督(43)が突然、「(習志野の)二塁走者がサインを出していた。問題提起させていただきたい」と習志野側に大会規則で禁止されているサイン盗みがあったと言及。取材が終わるや、相手の控室へ2度にわたって乗り込み、習志野の小林徹監督(56)に面と向かって猛抗議、「証拠はありますよ!」と冒頭のように怒りを爆発させたのだ。

 問題となったのは、習志野が四回に1―1の同点に追いつき、なおも2死満塁の好機を迎えた場面。直前の1死二塁となった時点でも1度、星稜側はサイン盗みを球審に指摘していた。林監督の抗議を受け、審判団が内野に集まって協議。「疑わしい行為はなかった」として試合は再開されたが、二塁塁審から走者に「紛らわしい行為はしないように」と注意が与えられたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る