星稜が習志野に猛抗議 高校野球に蔓延「サイン盗み」の闇

公開日: 更新日:

「フェアじゃない、証拠はある。映像をここで見せてもいいんですよ!」

 28日、今秋ドラフト1位候補の奥川恭伸を擁して優勝候補に挙げられていた星稜(石川)が習志野(千葉)に1―3で敗退。まさかの波乱に甲子園が騒然とする中、ベンチ裏通路で前代未聞の騒動が勃発した。

 敗軍の将として報道陣の質問に答えていた星稜の林和成監督(43)が突然、「(習志野の)二塁走者がサインを出していた。問題提起させていただきたい」と習志野側に大会規則で禁止されているサイン盗みがあったと言及。取材が終わるや、相手の控室へ2度にわたって乗り込み、習志野の小林徹監督(56)に面と向かって猛抗議、「証拠はありますよ!」と冒頭のように怒りを爆発させたのだ。

 問題となったのは、習志野が四回に1―1の同点に追いつき、なおも2死満塁の好機を迎えた場面。直前の1死二塁となった時点でも1度、星稜側はサイン盗みを球審に指摘していた。林監督の抗議を受け、審判団が内野に集まって協議。「疑わしい行為はなかった」として試合は再開されたが、二塁塁審から走者に「紛らわしい行為はしないように」と注意が与えられたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  2. 2

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  8. 8

    ラニーニャ現象起こるとパンデミック 歴史が物語る関連性

  9. 9

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  10. 10

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

もっと見る