たびたび被害のダルに追い風…MLBにサイン盗み根絶の動き

公開日: 更新日:

 MLBが、長年横行してきたとされる不正行為の根絶に動きだした。

 今季からベンチとブルペンなどを結ぶ電話の通話内容をチェックするという。

 昨季、レッドソックスによる時計型携帯端末を使ったサイン盗みが発覚。ヤンキースは、系列のテレビ局の中継映像から相手バッテリーのサインを解析している疑惑が浮上するなど、多くの球団で「のぞき」の噂が絶えなかった。MLBでは、外部からの不正な情報伝達がないか確認するため、必要に応じて会話の内容を傍受できる新型の電話機を設置。疑わしいケースがあれば、試合中に通話内容を確認するという。

 これまで被害に遭ってきた投手には追い風となり、中でも恩恵を受けそうなのがダルビッシュ有(31=ドジャースからFA)だ。

 ダルは何度もサインを盗まれたり、球種を見破られた過去があるからだ。昨季のワールドシリーズではアストロズの打者に、グラブの位置などから球種を特定され、2戦連続で2回を持たずにKOされた。レンジャーズ時代の16年には、同じアストロズ打線につかまった際、「(球種が)わかっているかのような、いいスイングをされた。変な感じの登板だった」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    二階堂ふみがトバッチリ…森七菜“移籍騒動”本当の黒幕は?

  2. 2

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  3. 3

    河野担当相が“暴走迷走”…ワクチン接種事業に早くも暗雲

  4. 4

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    森七菜はまだマシ?ステージママは売れる前にわが子を潰す

  7. 7

    南ア型「変異種」市中感染の恐怖 抗体もワクチンも効かず

  8. 8

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  9. 9

    レアルが格下に惜敗…名門の“赤っ恥”は久保にプラスのナゼ

  10. 10

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

もっと見る