たびたび被害のダルに追い風…MLBにサイン盗み根絶の動き

公開日:

 MLBが、長年横行してきたとされる不正行為の根絶に動きだした。

 今季からベンチとブルペンなどを結ぶ電話の通話内容をチェックするという。

 昨季、レッドソックスによる時計型携帯端末を使ったサイン盗みが発覚。ヤンキースは、系列のテレビ局の中継映像から相手バッテリーのサインを解析している疑惑が浮上するなど、多くの球団で「のぞき」の噂が絶えなかった。MLBでは、外部からの不正な情報伝達がないか確認するため、必要に応じて会話の内容を傍受できる新型の電話機を設置。疑わしいケースがあれば、試合中に通話内容を確認するという。

 これまで被害に遭ってきた投手には追い風となり、中でも恩恵を受けそうなのがダルビッシュ有(31=ドジャースからFA)だ。

 ダルは何度もサインを盗まれたり、球種を見破られた過去があるからだ。昨季のワールドシリーズではアストロズの打者に、グラブの位置などから球種を特定され、2戦連続で2回を持たずにKOされた。レンジャーズ時代の16年には、同じアストロズ打線につかまった際、「(球種が)わかっているかのような、いいスイングをされた。変な感じの登板だった」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る