• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

たびたび被害のダルに追い風…MLBにサイン盗み根絶の動き

 MLBが、長年横行してきたとされる不正行為の根絶に動きだした。

 今季からベンチとブルペンなどを結ぶ電話の通話内容をチェックするという。

 昨季、レッドソックスによる時計型携帯端末を使ったサイン盗みが発覚。ヤンキースは、系列のテレビ局の中継映像から相手バッテリーのサインを解析している疑惑が浮上するなど、多くの球団で「のぞき」の噂が絶えなかった。MLBでは、外部からの不正な情報伝達がないか確認するため、必要に応じて会話の内容を傍受できる新型の電話機を設置。疑わしいケースがあれば、試合中に通話内容を確認するという。

 これまで被害に遭ってきた投手には追い風となり、中でも恩恵を受けそうなのがダルビッシュ有(31=ドジャースからFA)だ。

 ダルは何度もサインを盗まれたり、球種を見破られた過去があるからだ。昨季のワールドシリーズではアストロズの打者に、グラブの位置などから球種を特定され、2戦連続で2回を持たずにKOされた。レンジャーズ時代の16年には、同じアストロズ打線につかまった際、「(球種が)わかっているかのような、いいスイングをされた。変な感じの登板だった」とコメントした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る