日ハム先発陣に開幕から安定感…輝星の一軍デビュー遠のく

公開日: 更新日:

 開幕3連戦で目を引いたのは先発投手陣の踏ん張りだ。

 自身初の開幕投手を務めた上沢が6回3失点なら、2戦目は新加入の金子が5回2失点。3戦目の31日は、有原が7回1失点で今季初勝利。3試合を2勝1分け、負けなしで乗り切ったのは先発陣が試合をつくったからに他ならない。

 となると現在、二軍調整中のドラフト1位ルーキー、吉田輝星(18=金足農)の一軍デビューにも影響するのではないか。

 当初、昇格の青写真は5月終盤から6月中旬にかけて、交流戦のあたりといわれていた。先発陣に疲れが見えたり、予期せぬ故障者が出たりしたときに代わって昇格する。

 かつてのダルビッシュ(現カブス)や大谷(現エンゼルス)の投手デビューも、そんなタイミングだった。

 しかし、開幕3連戦で好投した3人に加え、加藤、上原、杉浦、マルティネス、ロドリゲス、吉田侑樹……現時点で先発候補は飽和状態。3日のイースタン・リーグ(対巨人)にプロ初先発予定の吉田は「早く自分も一軍でやりたい」と話しているが、1年目から無理をさせる必要はなく、一軍昇格は先送りされそうな気配だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    嘘ばっかついて…だから、安倍政権じゃダメなんじゃん?

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    魔性の女返上?高岡早紀が難病患う52歳実業家と献身介護泊

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    安倍首相 桜を見る会疑惑「逃げ切り」の援軍はテレビ局

  8. 8

    TV局が3カ月でしゃぶりつくした“ラグビーバブル”終焉の先

  9. 9

    防衛費過去最高4.2億円 年金支給減で補正の大盤振る舞い

  10. 10

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る