日ハム輝星「甲子園のよう」と調子上向きも思わぬ“難敵”が

公開日: 更新日:

「感覚としては入寮してから一番。(昨夏の)甲子園のように、調子が良くて、気持ちよく投げているときと似ている感じだった」

 26日、日本ハム吉田輝星(金足農)が二軍の鎌ケ谷球場でブルペン入り。捕手を立たせてストレートのみ31球。右腕の張りで22日のシート打撃は回避したが、あくまで大事を取ってのもの。キャンプの疲労はあるが、調子はむしろ上向きのようだ。

 一方、この日の吉田は、練習中にはなをすすり、くしゃみをする場面も。

「花粉ヤバいです。花粉症? あんまり強い方じゃないです。ここまでひどいのは初めて。秋田では? そんななかったですね。しんどいです」と、鼻声で苦笑い。

 たしかにこの日の関東地区は花粉量が多く、複数の選手が「ヤバい」と悲鳴を上げていた。

 花粉のピークはこれから。今後は28日にブルペン入りし、3月2日に金足農の卒業式に出席。その後は教育リーグ(二軍オープン戦)での登板が予定されている。野球だけでなく、花粉との闘いも続く――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  3. 3

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  4. 4

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  5. 5

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  6. 6

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  7. 7

    阪神のドラフト下位ルーキーは意外にモノになる 期待は2人

  8. 8

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

  9. 9

    コロナ禍で一部助っ人のみが来日できる裏側…球団なぜ差が

  10. 10

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

もっと見る