高嶋仁
著者のコラム一覧
高嶋仁智弁和歌山 名誉監督

1946年5月、長崎県五島市生まれ。海星高校で1963、64年の甲子園に出場。日本体育大学卒業後は保健体育教師として智弁学園(奈良)に赴任。72年に同校野球部監督。甲子園に3度出場。80年からは智弁和歌山に転任し、春は94年、夏は97、2000年に甲子園優勝を果たした。甲子園通算68勝(35敗)、38度出場、103試合はいずれも歴代最多。昨年の夏の大会後、現場を退いて名誉監督に就任した。

「勉強ができるから入学した」土佐高校野球部に衝撃を受けた

公開日: 更新日:
「高知の名将」と呼ばれた龍尾監督(C)共同通信社

 昭和45年だから、1970年ですね。この年に日本体育大学を卒業した私は、保健体育の教師として奈良の智弁学園に赴任することが決まった。

 通常、学校人事は4月1日からですけど、私は3月から智弁学園野球部のコーチをしていた。練習試合の遠征にも帯同するこ…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    コロナ禍でも「役員報酬1億円以上」これが上位101人リスト

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

もっと見る