ダル今季初黒星…カブス高給取り“不良債権”へついに秒読み

公開日: 更新日:

 カブス・ダルビッシュ有(32)が、昨年5月以来の白星をかけて4日(日本時間5日)のブレーブス戦に登板。まずまずの立ち上がりを見せたものの、五回途中5安打3失点(2奪三振)で降板。チームも4対9で敗れたため、今季初黒星を喫した。

 今季初登板だった先月30日(日本時間31日)のレンジャーズ戦は自己ワーストタイの7四球と乱調。三回途中でKOされていた。

 今季のカブスはダルを筆頭に先発陣が絶不調。ここまで勝ち星を挙げているのはエース左腕レスター(1勝0敗)だけだ。先発陣の年俸総額約111億円はナショナルズと並んでメジャートップにランクしながら、まるで機能していないのだ。

 ダルは年俸約22億円でレスター(約24億円)に次ぐ高給取りだ。昨年2月に6年総額約136億円でFA移籍しながら、昨季は度重なる故障もあって、わずか8試合の登板で、1勝(3敗、防御率4.95)。期待を大きく裏切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る