ケンカ、性癖、カネ…平成最後の甲子園ネット裏「怪情報」

公開日: 更新日:

■バス代だけで2400万円

「バス代が高くて、しょうがない」

 関東の出場校の監督がこう言って嘆く。

 高校野球では、18人のベンチ入りメンバー以外にも、ベンチ外のメンバーはもちろん、生徒や保護者、ブラスバンド部など、学校によっては総勢1000人単位の大応援団が甲子園へ繰り出す。

 昨夏の甲子園では、吉田輝星(現日本ハム)擁する金足農(秋田)が当初は寄付金集めに大苦戦したものの、勝ち進んだことで最終的に3億円近いお金が集まった。

 その監督が続ける。

「金農のケースは特別中の特別。100年に1回あるかないかですよ(苦笑い)。ウチは1500人が甲子園に行く。バスの定員は1台当たり50人強で30台が必要。関東と甲子園を往復すると、バス1台当たりの値段が80万円。10年前の倍になっている。決勝戦まで勝ち続けると、宿泊費を加えて1億8000万円かかる計算です。寄付金は2000万~3000万円程度だから大赤字です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る