高嶋仁
著者のコラム一覧
高嶋仁智弁和歌山 名誉監督

1946年5月、長崎県五島市生まれ。海星高校で1963、64年の甲子園に出場。日本体育大学卒業後は保健体育教師として智弁学園(奈良)に赴任。72年に同校野球部監督。甲子園に3度出場。80年からは智弁和歌山に転任し、春は94年、夏は97、2000年に甲子園優勝を果たした。甲子園通算68勝(35敗)、38度出場、103試合はいずれも歴代最多。昨年の夏の大会後、現場を退いて名誉監督に就任した。

箕島との練習試合では尾藤監督を質問攻めにし野球の勉強を

公開日: 更新日:
箕島で一時代を築いた尾藤監督(C)共同通信社

 私が智弁和歌山に転勤したのは1980年。同じ和歌山の箕島は、前年の甲子園で春夏連覇しているチームです。

 だから、私にとって尾藤公監督(享年68)ははるかかなたの存在でした。

 徳島・池田高校の蔦監督に練習試合を申し込…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!