投か打か…センバツV東邦・石川プロで通用するのはどっち

公開日: 更新日:

「腕が少し遅れて出てくるので、打者はタイミングが取りづらいのだと思う。しかし、突出したスピードがあるわけではないし、基本的に野手がフリー打撃に投げている感じ。投手としては厳しいんじゃないか?」

 東邦(愛知)を30年ぶりのセンバツ制覇に導いたエース兼3番打者の石川昂弥に関してこう言うのは在京球団のあるスカウトだ。

 3日のセンバツ高校野球決勝戦。石川は投げては習志野(千葉)打線を3安打完封、打ってはバックスクリーン右と右中間スタンドに2ランを2発放つなど、投打に大活躍。

 しかし、プロで投手として生きていくのは難しいというのだ。

「その代わり、打者としての実力は文句なしに大会ナンバーワン。智弁和歌山の東妻(捕手)や桐蔭学園の森(遊撃手)や山梨学院の野村(外野手)らのドラフト候補と比べてもモノが違う。野手に専念するならドラフト1位は間違いない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る