マリナーズ雄星に追い風 強力リリーバー2人が前倒し昇格

公開日: 更新日:

 マリナーズ・菊池雄星(27)が10日(日本時間11日)のロイヤルズ戦に登板し、6回を2本塁打含む5安打3失点。勝利投手の権利を保持して降板したが、救援投手が同点に追いつかれて、またも初勝利はお預け。これで、3月29日のレッドソックス戦から3試合連続でリリーフ陣に足を引っ張られた。

 マリナーズの救援陣で安定したパフォーマンスを発揮しているのはエリアス(8試合で1勝0敗2セーブ、防御率1.86)、ロスカップ(7試合で1勝0敗、防御率2.08)の左腕2人ぐらいのものだ。

 しかし、ここに来て新人右腕のスワンソン(25)が昇格。さらに右肩痛で離脱している剛腕リリーバーのアームストロング(28)が順調な回復を見せており、早ければ今週中にもメジャーに復帰する見込み。アームストロングは昨季最終戦(対レンジャーズ)で初セーブをマークした遅咲きながら、直球のスピン量(平均2623)はメジャートップクラス。スライダーやカーブを織り交ぜたコンビネーションで、昨季は14試合(計14回3分の2)で15奪三振。今季は守護神につなぐセットアッパーに位置付けられていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  3. 3

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  4. 4

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

  10. 10

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

もっと見る