また初勝利お預けでも マ軍・雄星は白星より投球回数優先

公開日: 更新日:

 マリナーズ・菊池雄星(27)が5日(日本時間6日)のホワイトソックス戦に登板し、5回を7安打6失点(自責点4)。勝敗は付かなかった。

 菊池は初回、味方の拙守から3点を失うと、二回までに6失点。その後は持ち直して五回で降板。六回には打線が4点を奪って勝ち越し。菊池は勝利投手の権利を得るも、救援陣が打ち込まれ、またも初勝利はお預けとなった。

 昨オフ、投打の主力選手を放出して若返りを図ったマリナーズは、下馬評を覆して開幕ダッシュに成功。「何だか楽しい夏になりそうだね」と、早くもサービス監督はポストシーズン進出を見据えている。

 仮にチームがこのまま好調をキープして、夏場以降も地区優勝争いの輪に加わっているとしたら、菊池の起用法にも影響するのかどうか。開幕間もないとはいえ、過去2試合の菊池の投球内容(防御率2.53)は、エース左腕ゴンザレス(3勝0敗、同3・20)と比べても引けを取らない。サービス監督はゴンザレスと菊池を左腕の2本柱としてフル回転させたいはずだからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る