小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

高野連は動くべき センバツで物議「サイン盗み」に撃退案

公開日: 更新日:

■山梨学院の課題

 私が臨時コーチを務めた山梨学院は、先のセンバツで1回戦こそ大勝したものの、2回戦で筑陽学園(福岡)に2―3で惜敗した。

 初回に山梨学院の左翼手が左前打を後逸し、1点を失った。ダイビングキャッチにいけば捕球できる打球だったが、頭から飛び込まなかった。

 筑陽学園の背番号10のエース西舘は、セットポジションで二塁走者から目を切ってから間がある投手。目を切った瞬間にスタートを切れば三盗できる、とミーティングで確認したが、スタートが切れない。その後に内野安打。三塁に進んでいれば1点のケースだ。夏へ向けて課題をもらった。

 甲子園で話題になった「サイン盗み」について述べたい。星稜(石川)の林監督がこれを疑い、試合後に対戦校の習志野(千葉)の小林監督に抗議。物議を醸した。習志野が実際にサイン盗みをやっていたかは分からない。小林監督は否定している。その言葉を信じるが、二塁走者のサイン盗みは、禁止された1999年センバツ以降、今でも一部にあると聞く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る