小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

高野連は動くべき センバツで物議「サイン盗み」に撃退案

公開日: 更新日:

■山梨学院の課題

 私が臨時コーチを務めた山梨学院は、先のセンバツで1回戦こそ大勝したものの、2回戦で筑陽学園(福岡)に2―3で惜敗した。

 初回に山梨学院の左翼手が左前打を後逸し、1点を失った。ダイビングキャッチにいけば捕球できる打球だったが、頭から飛び込まなかった。

 筑陽学園の背番号10のエース西舘は、セットポジションで二塁走者から目を切ってから間がある投手。目を切った瞬間にスタートを切れば三盗できる、とミーティングで確認したが、スタートが切れない。その後に内野安打。三塁に進んでいれば1点のケースだ。夏へ向けて課題をもらった。

 甲子園で話題になった「サイン盗み」について述べたい。星稜(石川)の林監督がこれを疑い、試合後に対戦校の習志野(千葉)の小林監督に抗議。物議を醸した。習志野が実際にサイン盗みをやっていたかは分からない。小林監督は否定している。その言葉を信じるが、二塁走者のサイン盗みは、禁止された1999年センバツ以降、今でも一部にあると聞く。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  5. 5

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  11. 10

    チャンミン結婚へ 東方神起とJYJにみる韓国芸能界の光と影

もっと見る