マー君5失点KO初黒星 ヤ軍は主力ゾクゾク戦列離脱で正念場

公開日: 更新日:

 開幕から好投を続けてきたヤンキース・田中将大(30)に、ついに土が付いた。

 14日(日本時間15日)のホワイトソックス戦に登板。4回3分の0を1本塁打含む7安打、5失点(自責5)で、今季初黒星(1勝)を喫した。

 田中は立ち上がりから変化球を低めに集める丁寧な投球で、三回までに計6三振を奪うなど、危なげなかった。

 ここまで抜群の安定感を見せ、右肩痛で離脱しているエース右腕セベリーノの穴を埋めてきたが、この日は別人のように乱れた。四回に入ると、変化球のキレを欠き、相手打者に際どいコースを見送られる。1死二塁から連続四球で満塁のピンチを招くと、6番アンダーソンに高めの変化球を右中間スタンドに叩き込まれる逆転の被弾。五回、連打と四球で満塁とされ、降板した。

 これで、開幕勝利を挙げた3月28日のオリオールズ戦を最後に、リリーフ陣にも足を引っ張られて3戦連続勝ち星なし。今季最短でのKOに田中は「苦しくなったところで痛打された。相手を上回ることができなかったことが全て。もう少し工夫して投げられれば良かったかなと思う」と話した。

 ここに来て、強打の正捕手サンチェスが左ふくらはぎを痛めて負傷者リスト(IL)入り。エース右腕のほか、主砲スタントン外野手兼DHら、ここまで12人が戦列を離れる異常事態だ。エース格の田中にとっては踏ん張りどころだが。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る