速球最速138km 日ハム斎藤佑がアスレチックスを抑えた裏側

公開日: 更新日:

 メジャーリーガー相手でも結果を出した。

 18日の日本ハム対アスレチックス戦。日ハム先発の斎藤佑樹(30)が2回1安打1失点と好投した。速球は最速138キロ止まりも、スライダー、チェンジアップなど変化球を効果的に交え、打者のタイミングを外した。ピスコティに一発を浴び、実戦4試合目にして初失点を喫したが、今季ここまで計9回で1失点と結果を残している。

 斎藤が「めちゃめちゃ手応えがあるわけではない。一人一人の打者を丁寧に抑えることを意識している」と話せば、栗山監督も「選手が活躍するときは、しそうな雰囲気がある。僕らも(斎藤に)すごくそれを感じている」と評価。開幕一軍へ前進したといっていい。

 この日の試合前、アスレチックスベンチで斎藤が話題になった。早実3年時の06年、夏の甲子園決勝で田中将大(現ヤンキース)擁する駒大苫小牧と対戦、再試合の末に優勝投手になった。計7試合で投じた948球は歴代最多。決勝戦で延長15回を完投した翌日の再試合も9回を一人で投げ抜いた。この日、球場を訪れた関係者がメルビン監督たちにその13年前のことを伝えたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池都知事イライラMAX!報道に「PV中止」抜かれブチ切れ

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小池知事ドリフ固執 そして都庁は「8時だョ!全員残業中」

  4. 4

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  5. 5

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  6. 6

    小池知事ドヤ顔「8時だョ!」ドリフこじつけ発言で大炎上

  7. 7

    巨人「出戻り山口俊」補強は原監督の悪手…OBから苦言続々

  8. 8

    樋口英明氏「耐震性に着目すれば全ての原発を止められる」

  9. 9

    社会学者・鈴木涼美氏が考察する「菅義偉おじさん」の正体

  10. 10

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

もっと見る