虎マルテ二軍で復帰快音 一軍昇格とチーム脱落どっちが先

公開日: 更新日:

 24日、右ふくらはぎ痛で二軍調整中の阪神・マルテ(27)がソフトバンクとの二軍戦でおよそ1カ月ぶりに実戦復帰。3打席目に“公式戦初安打”を放つなど3打数1安打だったが、タイミングの取り方に苦慮する打席も見られた。

 マルテは、新助っ人としては球団史上最高となる年俸3.4億円で獲得したロサリオの代役。チームは現在、投手陣がボロボロで、貧打にも苦しみ最下位に低迷。窮地に陥るチームの“救世主”として、早期一軍昇格を期待するファンは多い。

 実際、マルテはチームの浮上に欠かせないキーマンだ。いまの阪神の中軸は4番大山を中心に、ベテランの糸井と福留が両脇を固めているが、チーム18本塁打はリーグ最少。特に破壊力は物足りない。

「矢野監督は開幕前から4番に大山を固定し、マルテを5、6番で起用する構想があった。現状は近本と梅野の調子がいいものの、5番以降で起用されている福留、ナバーロ、中谷、木浪の状態が上がってこない。矢野監督もコロコロ打順を変えるなど手は尽くしているが、マルテが5、6番にハマれば、大山へのマークが分散されるなどの相乗効果が生まれ、打線につながりが出てくるはずです」(阪神OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る