虎マルテ二軍で復帰快音 一軍昇格とチーム脱落どっちが先

公開日: 更新日:

 24日、右ふくらはぎ痛で二軍調整中の阪神・マルテ(27)がソフトバンクとの二軍戦でおよそ1カ月ぶりに実戦復帰。3打席目に“公式戦初安打”を放つなど3打数1安打だったが、タイミングの取り方に苦慮する打席も見られた。

 マルテは、新助っ人としては球団史上最高となる年俸3.4億円で獲得したロサリオの代役。チームは現在、投手陣がボロボロで、貧打にも苦しみ最下位に低迷。窮地に陥るチームの“救世主”として、早期一軍昇格を期待するファンは多い。

 実際、マルテはチームの浮上に欠かせないキーマンだ。いまの阪神の中軸は4番大山を中心に、ベテランの糸井と福留が両脇を固めているが、チーム18本塁打はリーグ最少。特に破壊力は物足りない。

「矢野監督は開幕前から4番に大山を固定し、マルテを5、6番で起用する構想があった。現状は近本と梅野の調子がいいものの、5番以降で起用されている福留、ナバーロ、中谷、木浪の状態が上がってこない。矢野監督もコロコロ打順を変えるなど手は尽くしているが、マルテが5、6番にハマれば、大山へのマークが分散されるなどの相乗効果が生まれ、打線につながりが出てくるはずです」(阪神OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  4. 4

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  7. 7

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

  10. 10

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る