貧打に投壊…虎ファンが早くも危惧する「2年連続最下位」

公開日: 更新日:

「オープン戦が調整のための試合ということはわかっていますよ。でも、相変わらず打てませんね」

 のっけから渋い表情でこう語るのは、阪神ファンの麻生千晶氏(作家)。

 阪神は昨季まで二軍監督を務めていた矢野監督が就任。しかし、オープン戦9試合(14日現在)で2勝6敗1分けと大きく負け越している。最下位だった昨季と同様、オープン戦開幕から1分けを挟んで6連敗。先日、中日相手に2連勝したが、14日現在、最下位。チーム打率.216(11位)、21得点(12位)と貧打にあえぐだけでなく、防御率4.50もワーストと投壊に陥っている。

 昨季リーグ3連覇を果たした広島は6勝1敗1分けでトップを走り、4番の鈴木は14日のオリックス戦で早くも3本目のアーチ。

 軸が決まっているチームは、「予行演習」でもやはり強い。冒頭の麻生氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  4. 4

    安倍晋三を擁護してきた連中も泥舟と一緒に沈めなければ

  5. 5

    原巨人ドラ2異例の先物買い 次期阿部政権への置き土産?

  6. 6

    高倉健さんが結婚祝いにロレックスの腕時計を届けてくれた

  7. 7

    GoTo延長の菅政権に聞かせたい米シンクタンク“日本の評価”

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  10. 10

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

もっと見る