あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

公開日: 更新日:

“4度目”の正直となるか――。

 右ふくらはぎ痛で二軍調整中だった阪神のマルテが16日、約1カ月ぶりに屋外でフリー打撃を再開した。大きく出遅れた「新戦力」は今後、ファームで数試合に出場し、ナバーロと入れ替えで一軍に上がる予定だ。あるOBが言う。

「マルテはホームランバッターではないし、かつてのマートンのようにヒットを量産するタイプでもない。メジャー通算30発の大砲という触れ込みだったがパワー不足。貧打の救世主なんて思っていたらファンはがっかりしますよ」

 チームの大幅な改革を託された金本前監督時代は「補強下手」に泣かされ続けた。

 2016年のヘイグは中軸を担う打者として獲得したものの、31試合、打率.231、2本塁打、11打点という低調な成績で退団。17年はキャンプで左手首を故障したキャンベルが開幕から出遅れ、7月にロジャースを緊急補強。この2人も戦力にならず同年限りでチームを去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  5. 5

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  6. 6

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  9. 9

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

  10. 10

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る