あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

公開日: 更新日:

“4度目”の正直となるか――。

 右ふくらはぎ痛で二軍調整中だった阪神のマルテが16日、約1カ月ぶりに屋外でフリー打撃を再開した。大きく出遅れた「新戦力」は今後、ファームで数試合に出場し、ナバーロと入れ替えで一軍に上がる予定だ。あるOBが言う。

「マルテはホームランバッターではないし、かつてのマートンのようにヒットを量産するタイプでもない。メジャー通算30発の大砲という触れ込みだったがパワー不足。貧打の救世主なんて思っていたらファンはがっかりしますよ」

 チームの大幅な改革を託された金本前監督時代は「補強下手」に泣かされ続けた。

 2016年のヘイグは中軸を担う打者として獲得したものの、31試合、打率.231、2本塁打、11打点という低調な成績で退団。17年はキャンプで左手首を故障したキャンベルが開幕から出遅れ、7月にロジャースを緊急補強。この2人も戦力にならず同年限りでチームを去った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  5. 5

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る