山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

単なるシート打撃が…デカデカと見出しになる阪神の“悲哀”

公開日: 更新日:

 去る6日付のデイリースポーツにて「阪神・ドラ1近本&ドラ3木浪、聖地初H」という見出しの記事がネット配信された。虎党の私は思わず見出しをクリックして本文に目を通したのだが、途中で少しがっかりしてしまった。この「聖地初H」とは甲子園でのオープン戦でも練習試合でも紅白戦でもなく、全体練習の“シート打撃”での出来事だったのだ。

 そう、シート打撃である。確かに実戦形式の練習ではあるのだが、それでもあくまで打撃練習であって実戦ではない。その打撃練習において阪神のルーキーコンビ(近本光司&木浪聖也)が共にヒットを放ったということが、阪神応援芸で知られるデイリースポーツでは記事の見出しになってしまう。この事実に複雑な心境になったわけだ。

 しかし、その一方でデイリーの苦労もありありと伝わってくる。なにしろ、ここまでの阪神には明るいニュースがほとんどない。矢野燿大新監督が就任し、昨季最下位からの巻き返しを目指してはいるものの、オープン戦7試合を消化した時点でいまだ白星なし(6敗1分け)。注目の新外国人大砲・マルテもまだまだ不発が続いており、大山悠輔や中谷将大といった和製大砲候補もパッとしない。キャンプでは好調だった北條史也もオープン戦では結果が出ず、投げては迷える怪物・藤浪晋太郎が良かったり悪かったりの繰り返し。頼みはメッセンジャーや福留孝介、糸井嘉男などベテラン陣にFA加入の西勇輝という近年すっかりおなじみのパターンだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

  10. 10

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

もっと見る