高嶋仁
著者のコラム一覧
高嶋仁智弁和歌山 名誉監督

1946年5月、長崎県五島市生まれ。海星高校で1963、64年の甲子園に出場。日本体育大学卒業後は保健体育教師として智弁学園(奈良)に赴任。72年に同校野球部監督。甲子園に3度出場。80年からは智弁和歌山に転任し、春は94年、夏は97、2000年に甲子園優勝を果たした。甲子園通算68勝(35敗)、38度出場、103試合はいずれも歴代最多。昨年の夏の大会後、現場を退いて名誉監督に就任した。

広島3位の林は私が余計なことを言わなければ指名順位が上がっていた

公開日: 更新日:
強打者として期待されている林(C)日刊ゲンダイ

 去年のドラフトでも教え子が指名されました。内野手の林晃汰(18=広島3位)と、日本体育大学の投手・東妻勇輔(23=ロッテ2位)です。

 林は、逆方向にボールを飛ばすパワーが特徴。あれは天性のものですね。ただ、不運や私の余計な発言がなければ、もっと指…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  2. 2

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  3. 3

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    杏が歩く大女優への道 “ポスト半沢直樹”でコミットされた

  6. 6

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  7. 7

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  10. 10

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

もっと見る