強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

公開日: 更新日:

 高校野球の球数制限問題、現場はどう考えているのか。

 昨年末、新潟県の高野連が今年春の県大会で1試合100球の球数制限を実施することを発表した。高野連は「部員数が20人以下の加盟校が全体の約4分の1を占める現状では、投球数制限に踏み込むのは慎重であるべき」などの観点から、全国で足並みを揃えて検討すべきと再考を求め、新潟県は実施を見送った。

 一方、高野連は小宮山悟早大監督ら13人のメンバーによる「投手の障害予防に関する有識者会議」を新設。4月26日に第1回会議を都内で行い、11月までの4回の会議を経て、1年後をメドに具体的な指針をまとめる。センバツ前、毎日新聞が出場32校の監督に球数制限の賛否についてアンケートを実施。「賛成」7人、「反対」24人、「どちらとも言えない」1人という結果で、反対が多数を占めた。そこで、改めて日刊ゲンダイがセンバツ甲子園に出場した野球部監督に話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  3. 3

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  4. 4

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  5. 5

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  6. 6

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  7. 7

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  8. 8

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  9. 9

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  10. 10

    白血病新薬にケチ…命を費用対効果で語る麻生氏に批判殺到

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る