強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

公開日: 更新日:

 高校野球の球数制限問題、現場はどう考えているのか。

 昨年末、新潟県の高野連が今年春の県大会で1試合100球の球数制限を実施することを発表した。高野連は「部員数が20人以下の加盟校が全体の約4分の1を占める現状では、投球数制限に踏み込むのは慎重であるべき」などの観点から、全国で足並みを揃えて検討すべきと再考を求め、新潟県は実施を見送った。

 一方、高野連は小宮山悟早大監督ら13人のメンバーによる「投手の障害予防に関する有識者会議」を新設。4月26日に第1回会議を都内で行い、11月までの4回の会議を経て、1年後をメドに具体的な指針をまとめる。センバツ前、毎日新聞が出場32校の監督に球数制限の賛否についてアンケートを実施。「賛成」7人、「反対」24人、「どちらとも言えない」1人という結果で、反対が多数を占めた。そこで、改めて日刊ゲンダイがセンバツ甲子園に出場した野球部監督に話を聞いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  6. 6

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  7. 7

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  8. 8

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 9

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  10. 10

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

もっと見る