首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

公開日: 更新日:

 一軍コーチとして唯一、昨年と今年を知る吉村打撃総合コーチはこう言う。

「新しく丸が入ったとかはあるにせよ、(原)監督が若い選手を使ってくれてベンチに選手が残っていないくらい全員で戦っている試合が多い。だから、みんながそのつもりで準備をする。去年までは『今日は出ないな』とベンチで油断している選手がいたかもしれない。一、二軍の選手を大幅に入れ替えたり、常に緊張感を持たせながらというのも、今年の特徴かもしれません」

 今季は主に5番を任される15年目の36歳・亀井は「今年はベンチが明るく、一体感がある。よく『チーム一丸』というけど『家族』になってきた気がします。誰かのミスを誰かが必死にカバーしようという空気がこれまでより強くなった。由伸さん? 丸? 原監督? というより、(新任の)元木さん(内野守備兼打撃コーチ)と宮本さん(投手総合コーチ)の存在が大きい。2人がベンチで声を張り上げたり、そういう考えだから、急速に浸透している気がする。僕も年齢的にお父さんみたいな心境で、若いやつらの活躍がうれしいですから」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る