坂本勇もお気に入り G好調の裏にハイテク機器での打撃改革

公開日: 更新日:

 今季の巨人は打線が好調だ。

 12日の首位ヤクルト戦、初回に岡本が中前へ同点打を放つと、三回には坂本勇が勝ち越し弾。2016年4月から8連敗中だったヤクルト小川から8安打で6点を奪い、土をつけた。

 巨人は今季から打撃改革を行っていた。メジャー球団も使うハイテク機器「ブラストモーション」を導入し、打撃練習を行っていることが、12日までに明らかになった。

 データ分析室長の高梨慎一氏がこう説明する。

「『ブラスト』はバットのグリップエンドに装着する機器(小型センサー)で、DeNAが(昨秋キャンプから)本格的に導入していますが、巨人も試験的に始めているんです」

 すでにメジャーでは、アストロズなど複数の球団が導入している。高梨氏によると、スイングの速度や角度、ミートポイントなどが数値化され、手首の動きなども測定できる。これをタブレット端末で瞬時に確認できるという。確かに今季は、打撃練習中にタブレットをのぞき込んでいる選手が目立つ。この日2安打2打点で打率.405で首位打者(12日現在)の坂本勇などが重宝しているという。高梨氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る