坂本勇もお気に入り G好調の裏にハイテク機器での打撃改革

公開日: 更新日:

 今季の巨人は打線が好調だ。

 12日の首位ヤクルト戦、初回に岡本が中前へ同点打を放つと、三回には坂本勇が勝ち越し弾。2016年4月から8連敗中だったヤクルト小川から8安打で6点を奪い、土をつけた。

 巨人は今季から打撃改革を行っていた。メジャー球団も使うハイテク機器「ブラストモーション」を導入し、打撃練習を行っていることが、12日までに明らかになった。

 データ分析室長の高梨慎一氏がこう説明する。

「『ブラスト』はバットのグリップエンドに装着する機器(小型センサー)で、DeNAが(昨秋キャンプから)本格的に導入していますが、巨人も試験的に始めているんです」

 すでにメジャーでは、アストロズなど複数の球団が導入している。高梨氏によると、スイングの速度や角度、ミートポイントなどが数値化され、手首の動きなども測定できる。これをタブレット端末で瞬時に確認できるという。確かに今季は、打撃練習中にタブレットをのぞき込んでいる選手が目立つ。この日2安打2打点で打率.405で首位打者(12日現在)の坂本勇などが重宝しているという。高梨氏が続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  3. 3

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  4. 4

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  5. 5

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  8. 8

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  9. 9

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  10. 10

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る