巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

公開日: 更新日:

 2月のキャンプ中、原監督(60)は評論家の山崎裕之氏に対し、「指導者を育てたい」と4年ぶりに復帰した使命を口にすると、自らOBの松井秀喜(44)、前監督の高橋由伸(44)、ベテラン阿部慎之助(40)の名前を挙げ、「彼らに巨人の伝統、指導を継承してもらわなければいけない」と話したという。2015年まで指揮を執った第2次政権の終盤にも「松井も由伸も慎之助も将来の幹部候補生には違いない。可能性がある人間に巨人の監督はどうあるべきか、それを伝えていくのが自分の役割だ」と言っていた。

 とはいえ、松井はヤンキースのGM付特別アドバイザーとしてニューヨークを拠点とし、監督を継承した高橋は3年連続V逸の屈辱とともにチームを離れた。原監督に帝王学なるものがあるのなら、現実問題として、今それを伝授するのは、阿部しかいない。

「今季、原監督に直訴してまで望んだ4年ぶりの捕手復帰が体調の問題で頓挫し、慎之助もいよいよ次のステップを意識せざるを得なくなった。代打の切り札として、さすがの打棒を見せているものの(6打数4安打の打率.667)、もし来季も現役を続けることになっても、兼任コーチが濃厚です。現役を引退するのであれば、原監督自身がそうだったように、野手総合担当からヘッドコーチというレールが用意されるのではないか。今季、ヘッドコーチが空席なのは、原監督が慎之助のために空けている、とチーム内ではみられています」(チーム関係者)

 7―2でヤクルトを下した24日の試合中、出番のなかった阿部は先発した新人左腕の高橋優貴がベンチに戻ると、横に座らせては耳元でアドバイスするシーンが何度も見られた。チームが首位を快走し始めたウラで、ポスト原の指導者修業も着々と進んでいるようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  2. 2

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  5. 5

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  8. 8

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

  9. 9

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  10. 10

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る