首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

公開日: 更新日:

 元木コーチに聞くと、「去年までのことは知らないし、家族かも分からない。ただ、選手とコミュニケーションを取りながら、チーム一丸となってやっていこうというのが俺のやり方だから」と言う。

 一方でチーム好調の要因は、やはり「カネ」だという声もある。丸以外にFAで炭谷を獲得。ビヤヌエバ、クック、中島、岩隈を補強した。総額40億を超える空前の大補強で、清原、ヒルマンらを獲得した1996年の長嶋監督時代や小笠原、門倉らを獲得した2006年、村田、杉内らを獲得した11年を超え、過去最大級の補強費をつぎ込んでいる。3度目の原監督は編成面も掌握する「全権」。補強費を思いのままに使える立場にある。

「気の毒なのは由伸前監督です。就任1年目なんて、キューバリーグの打点王ガルシアら10人も外国人がいたのに、4枠を使い切れない時期があった。助っ人やフロントの仕事ぶりに悩まされたと思ったら、堤GMから鹿取GMに交代すると、今度は軋轢に苦しんだ。頼んでもいない外国人選手を押し付けられたり、取って欲しいとお願いしても動いてくれなかったり。今回、原監督がGM職を置いていないのは、自身が兼務しながら、やりたいようにやるためです」(球界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  2. 2

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    丸山議員が“宣戦布告” 日本がロシアに戦争を仕掛けたら?

  5. 5

    丸山議員は囲み取材わずか2分 本紙の直撃にも“逃げの一手”

  6. 6

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

  7. 7

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  8. 8

    私は転ばない…小川榮太郎氏との「過激な対談」が楽しみだ

  9. 9

    防衛大学校が受験者2250人も激減…蔓延する“いじめ”の実態

  10. 10

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る