星稜・奥川恭伸を直撃 そして証言から見えた“怪物の本性”

公開日: 更新日:

 実際、センバツ中の奥川は宿舎の大浴場で入念にストレッチをしたり、近くのコンビニで納豆や健康飲料を買って、登板に備えていた。

 センバツ1回戦で強豪履正社相手に完封。2回戦の習志野戦を控え、報道陣から、次代のスター候補としてマスコミや野球ファンが大騒ぎすることについて質問された。すると奥川は真剣な表情をしながら、少し強めにこう言った。

「それなりの責任というか、敗れた高校さんのためにも、次は絶対に勝ちたい。星稜に負けてよかったと思ってもらえるような試合をしたいです」

 野球に真面目で純朴な一面がうかがえる。

■騒がれるがゆえの責任

 そんな奥川について、林和成監督はセンバツの期間中にこう言っていた。


「ご両親の教育はもちろん、彼に携わった人たちがいろんなことを伝えて人間形成されていったのだと思います。普段から、野球の取り組み方や姿勢についてああしろ、こうしろと伝えたことはほとんどありません。コーチやチームメートに対して、聞く耳があって素直です。これがないと絶対に成長できない。反抗的な態度をとったことは一度もありません。ただ、試合でスイッチが入って気持ちがグッと高まると、ゾーンに入るというか、ものすごく集中しているときがある。そういうときは何を言っても耳に入らないんだろうなと思って、奥川に任せます(笑い)。普段は同級生、下級生の垣根なくじゃれ合ったり、子供みたいなところもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    TVタックル主題歌で注目 東野純直さんはラーメン屋店主に

  9. 9

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  10. 10

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る