星稜・奥川恭伸を直撃 そして証言から見えた“怪物の本性”

公開日: 更新日:

 ドラフトでは複数球団による競合が必至といわれている。

 奥川に行きたいプロ球団について尋ねると、「行けるならどこでも行きたいです」とのこと。まずは夏の甲子園に向けて、さらに磨きをかけていく。

■プロの目は?

 奥川はプロ垂涎(すいぜん)の的。今月のU18合宿で高校最速163キロをマークした佐々木朗希の存在がクローズアップされたものの、高い評価は揺るぎない。

 巨人はセンバツ時、2回戦の習志野戦を全スカウトでチェックした。プロが視察するのは基本的に1回戦だけ。異例といっていい。

 長谷川スカウト部長は「大学、社会人と横並びにして評価できる力がある。制球力、投球の組み立て、テクニック。何より抜け球ではなく、ストライクゾーンの球が生きていることが素晴らしい。腕の使い方、上半身の柔らかさは、前田健太(現ドジャース)に近いといってもいい。高校生ではなかなかいない。春の段階で1位の評価。1位じゃないと取れないと思います」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る