星稜・奥川恭伸を直撃 そして証言から見えた“怪物の本性”

公開日: 更新日:

「高校BIG4」のひとり、大船渡・佐々木朗希(岩手=3年)が高校生史上最速の163キロをマークしてスポーツメディアを席巻したが、同じ「高校BIG4」の星稜・奥川恭伸(石川=3年)も春のセンバツ甲子園で強烈なインパクトを残した。

■「根尾さんから刺激」

 昨夏、2年生として唯一、U18アジア選手権(宮崎)で高校日本代表に選ばれた。そのとき、同部屋だったのが1学年先輩の大阪桐蔭・根尾(現中日)。フォークなど変化球の握りや野球への向き合い方を学んだ。

「宮崎での大会中は常に一緒だった? (うれしそうに)ハイ。根尾さんはすごく意識が高くて、自分との差を感じました。それからは毎日ストレッチをやるようになりましたし、食事のことも気にかけています。生活の全てが野球につながっていると思うようになった。(昨秋準優勝の)明治神宮大会の前にフォームを崩すなど調子を落としてしまったんですけど、実際に自分の目で先輩たちの姿を見て、投げるときの工夫の仕方などを学べたことが神宮大会で生きたと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  3. 3

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  4. 4

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  5. 5

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  6. 6

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  9. 9

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る