マドリード大会3回戦進出 大坂なおみGS3連勝へピタリ照準

公開日: 更新日:

 全米、全豪と連勝して世界の頂点に立った大坂なおみ(21=世界ランク1位)。4大大会のうち残る2大会で、最大の鬼門が今月26日に開幕する全仏だ。

 コートの表面が赤土のため、ショットのスピードやパワーが吸収されてしまう。

 パワーが最大の武器の大坂は、強烈なサーブから早い展開で決めたいところだが、ストローク勝負に持ち込まれてしまう可能性が高いのだ。

 そんな大坂が全豪後にコーチのサーシャを電撃解任、新体制を組んだ最大の理由はパワー一辺倒のテニスからの脱却。すなわち、どんなコートも苦にしないオールラウンドプレーヤーに成長して、4大大会をすべて制覇しようと本気で考えているという。

 全豪後の成績が振るわなかったのは、ジェンキンス新コーチのもと、クレーコートにも対応できるような激しいトレーニングを積んでいたからだともいわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  7. 7

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  8. 8

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  9. 9

    バイきんぐ西村瑞樹さんが告白「サイテーな恋愛」の数々

  10. 10

    <後>天敵・菅首相の「デジタル庁」に完敗した小池都知事

もっと見る