1回戦負けもある 大坂なおみは全仏オープン“静観”の可能性

公開日: 更新日:

 テニスは目下、男女ともヨーロッパに舞台を移してクレーコートシーズンを戦っている。目指すのは今月26日にパリで開幕する今年2つ目のグランドスラム、全仏オープンだ。そこから芝に移ってウィンブルドンを狙い、アメリカに渡って全米を頂点としたハードコートを戦っていく。

 異なる環境の異なるサーフェスを凌駕するには心身両面のタフネスと、それなりの準備が求められる。全米がハードコートになった1978年以降で、4大大会を連続で制覇した男子選手はジョコビッチだけ。女子はナブラチロワと、グラフ、セリーナ・ウィリアムズが2度ずつ。昨年の全米、今年の全豪を連覇した大坂なおみに、全仏のクレーコートは大きな壁だ。

 クレーとはいえ、全仏のコートは硬い下部構造の上にレンガを砕いた粉の層を敷いたもの。赤土と呼ばれるゆえんだが、パワーが吸収される一方でスピンボールは弾み、足元が滑るのでスライディングも重要。パワーが持ち味の大坂は、サーブから3本目辺りで決めたいところだが、長い展開に持ちこまれてしまう。大舞台に強いのに、ここだけは1回戦負けがある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る