新コーチとは相性良し 大坂なおみ4回戦敗退も“収穫”あり

公開日: 更新日:

「ベストを尽くすことはできたし、後悔はしていません」

 うつむきながら、しかし、表情は意外にもサバサバしていた。

 大坂なおみ(21)が12日(日本時間13日)、BNPパリバ・オープン女子シングルス4回戦でベンチッチ(スイス)に3―6、1―6で敗れ、試合後にこう言った。

 大坂は昨年のこの大会の覇者。新コーチのジェンキンスと初めて臨む大会で連覇を狙ったものの、直前のドバイ選手権を制して勢いづくベンチッチに完敗した。

 しかし、試合中、ジェンキンスを2度もコートに呼んでジョークを飛ばすなど、新コーチとの関係が良好だったことは収穫ではないか。

 大坂はコーチ不在で臨んだドバイ選手権で、コーチの必要性や重要性を痛感。当時は自分ひとりで戦っている心境だったという。日本テニス協会の吉川真司女子ナショナルコーチが臨時でヒッティングパートナーを務めたが、満足いく練習ができなかったのはもちろん、精神面のケアをしてもらえたわけでもない。四大大会を連覇してすでに世界の頂点に上り詰めた大坂になにより必要なのは、自分にはしっかりとしたコーチが付いているという事実かもしれない。

 新コーチは元世界ランク1位のビーナス・ウィリアムズのヒッティングパートナーを務めた腕っこき。試合を重ねるごとにそのコミュニケーションは濃いものになっていくだろうし、強力な後ろ盾ができた事実は今後に向けてプラスに作用するに違いない。試合後の大坂が落ち込んでいなかったのも納得だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る