大坂なおみコーチ交代に理解も…錦織圭はなぜ体制一新せず

公開日: 更新日:

 グランドスラム2大会を連覇し世界ランキング1位に立ったにもかかわらず、コーチを代えた大坂なおみ(21)と、4大大会はおろかその下の格付けのマスターズ1000すら勝てないのに5年強、コーチを代えない錦織圭(29)。ある意味、対照的な2人がいま、米カリフォルニア州インディアンウェルズでBNPパリバ・オープンを戦っている。

 世界ランク1位の大坂は10日、初戦のシングルス2回戦でムラデノビッチ(25)を6―3、6―4のストレートで下した。

 前コーチのサーシャ・バインを解任した直後、2月のドバイ選手権で敗れた因縁の相手に付け入る隙を与えない快勝に、「前回の敗戦から多くを学び、修正することができた。今回はうまく対応して、ショットの確率を高められた」とは試合後の本人だ。

 自身のインスタグラムに、新コーチであるジャーメイン・ジェンキンス(34)たちと写った写真を公開したのが2月28日。今回のパリバ・オープンはチームに新コーチが加わった初戦だから、まずは好発進といえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

もっと見る