大坂なおみコーチ交代に理解も…錦織圭はなぜ体制一新せず

公開日: 更新日:

 グランドスラム2大会を連覇し世界ランキング1位に立ったにもかかわらず、コーチを代えた大坂なおみ(21)と、4大大会はおろかその下の格付けのマスターズ1000すら勝てないのに5年強、コーチを代えない錦織圭(29)。ある意味、対照的な2人がいま、米カリフォルニア州インディアンウェルズでBNPパリバ・オープンを戦っている。

 世界ランク1位の大坂は10日、初戦のシングルス2回戦でムラデノビッチ(25)を6―3、6―4のストレートで下した。

 前コーチのサーシャ・バインを解任した直後、2月のドバイ選手権で敗れた因縁の相手に付け入る隙を与えない快勝に、「前回の敗戦から多くを学び、修正することができた。今回はうまく対応して、ショットの確率を高められた」とは試合後の本人だ。

 自身のインスタグラムに、新コーチであるジャーメイン・ジェンキンス(34)たちと写った写真を公開したのが2月28日。今回のパリバ・オープンはチームに新コーチが加わった初戦だから、まずは好発進といえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  9. 9

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る