エンゼルス大谷 最強打者の後の「3番」は完全復活に追い風

公開日: 更新日:

 右肘手術からの完全復活を目指すエンゼルス・大谷翔平(24)にとっては最高の援軍になりそうだ。

 今季は、メジャー最強打者の後を打つことが決定しているからだ。今年から指揮を執るオースマス監督は大谷の復帰を前に「雇われた時から決めていた」と、相手投手の左右にかかわらずマイク・トラウト(27)に続く3番に固定すると断言した。

 トラウトは通算247本塁打を放っている長距離砲だ(記録は7日終了時)。過去2度のMVP(14、16年)の他、打点王(14年)、盗塁王(12年)などのタイトルを獲得。今年3月には米プロスポーツ史上最高額となる12年総額4億3000万ドル(約480億円)の超大型契約を交わしたメジャーを代表するスーパースターでもある。

 指揮官は出塁率も高く(今季4割7分5厘)2番を打つトラウトの直後に大谷を組み込むことで得点力向上を図るが、大谷自身にとってもメリットは大だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  10. 9

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

  11. 10

    相次ぐ教師の陽性…小池知事は市中感染拡大も見て見ぬふり

もっと見る