エンゼルス大谷 最強打者の後の「3番」は完全復活に追い風

公開日: 更新日:

 右肘手術からの完全復活を目指すエンゼルス・大谷翔平(24)にとっては最高の援軍になりそうだ。

 今季は、メジャー最強打者の後を打つことが決定しているからだ。今年から指揮を執るオースマス監督は大谷の復帰を前に「雇われた時から決めていた」と、相手投手の左右にかかわらずマイク・トラウト(27)に続く3番に固定すると断言した。

 トラウトは通算247本塁打を放っている長距離砲だ(記録は7日終了時)。過去2度のMVP(14、16年)の他、打点王(14年)、盗塁王(12年)などのタイトルを獲得。今年3月には米プロスポーツ史上最高額となる12年総額4億3000万ドル(約480億円)の超大型契約を交わしたメジャーを代表するスーパースターでもある。

 指揮官は出塁率も高く(今季4割7分5厘)2番を打つトラウトの直後に大谷を組み込むことで得点力向上を図るが、大谷自身にとってもメリットは大だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    片山杜秀氏 日本は“束ねられる”ファシズム化が進んでいる

  2. 2

    人気定着だから見えてきた カーシェアの「残念な点」3つ

  3. 3

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

  4. 4

    “ヨン様そっくり”ぺよん潤 芸人仕事と兼ねる意外な副業

  5. 5

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  6. 6

    首位要因は丸だけ?当事者に聞いた原巨人と由伸時代の違い

  7. 7

    嫌われアナ1位に浮上 テレ朝・弘中綾香アナ“鋼のメンタル”

  8. 8

    トランプが千秋楽観戦で…正面マス席1000席確保の大困惑

  9. 9

    レオパレス21も標的 旧村上ファンド系が次に狙う会社は?

  10. 10

    日朝会談巡り急浮上「9月訪朝」「複数帰国」眉唾シナリオ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る