ヤンキース田中3勝目 地区首位レイズを7回1失点に抑える

公開日: 更新日:

 ヤンキース・田中将大(30)が12日(日本時間13日)のレイズ戦に登板。7回を1本塁打含む5安打1失点、7奪三振の無四球で3勝目(3敗)を挙げた。

 相手のレイズは開幕から投打の歯車がかみ合い、ア・リーグ東地区首位。好調なレイズ打線を相手に立ち上がりから丁寧な投球でつけ入る隙を与えない。

 六回1死から1番メドーズに甘く入った変化球を中堅スタンドに叩き込まれたが、この日の田中は最少失点にとどめた。2死後、連打を浴びて一、二塁とされながらも、5番ロウを左飛に打ち取り、あっさりとピンチを切り抜ける。七回は、いずれも内野ゴロに打ち取って、この回でマウンドを降りた。

 相手先発は昨季31試合(計180回3分の2)に登板し、21勝5敗、防御率1.89と驚異的な成績をマークしてサイ・ヤング賞に選ばれたブレイク・スネル(26)。今季も3勝をマークして好調なチームを牽引するサイ・ヤング賞左腕とのエース対決を制して、主戦としての存在感をアピールした。

▽田中のコメント
「全体的に早い段階で自分のカウントに持っていけたのがひとつの良かった要因ではないかと思う。特に点が入った裏の回はしっかりと抑えていこうという意識はあった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る